放っておくと怖い病気! | 予防薬なのに犬が美味しく食べれるネクスガード!

予防薬なのに犬が美味しく食べれるネクスガード!

放っておくと怖い病気!

「放っておくと怖い病気!」の画像

フィラリア症は、予防薬であるネクスガードやレボリューションなどの医薬品を投与することで確実に予防することができる病気です。飼い主さんの中には、怖い病気だとは知らずに軽い気持ちで予防している人もいるのではないでしょうか。大事な犬や猫を守れるのは飼い主さんだけです。フィラリア症を放っておくとどうなるのかをしっかりと知っておくことで今まで以上に犬や猫の様子を気にかけてあげることができるのではないでしょうか。
まず、フィラリア症とは何なのか知らないという人もいるかもしれません。フィラリアとは、寄生虫の名前です。寄生虫が犬や猫の体内に侵入することをフィラリア症と言います。では一体どのようにして犬や猫の体内へ侵入してしまうのでしょうか。実はとても簡単に体内へ侵入することができるのです。夏になるとよく見かける虫が蚊です。暑い時期には必ずと言っていいほど蚊が現われます。その蚊が寄生虫を運んでくるのです。オスの蚊は血を吸わないのですが、メスの蚊は動物の血を好みます。メスの蚊が犬や猫の血を求めてやってくることで犬や猫の体内へ侵入してしまいます。侵入した寄生虫は体内の中で成長します。卵から幼虫になり成虫へと成長していくのです。
体内に卵や幼虫がいる間は、あまり分かり易い症状が現われません。少し咳をしたり息切れしやすくなったりしますが、暑いからなのか?と見落としがちです。更に、寄生虫は成長するだけではありません。体内で繁殖していくため、日を追うごとに増えていきます。この寄生虫たちは、心臓や肺動脈を好みます。そのため、心臓や肺動脈を圧迫し、正常に機能しなくなるようにしてしまうのです。生きるために必要な心臓や肺動脈の機能が低下すれば、犬や猫たちは次第に弱っていきます。症状としては、水を異常に欲しがるなど普段と違う現象があらわれます。最終段階までいくと命をおとす危険性があるため、絶対に予防しましょう!

↑ PAGE TOP